魔女夜会~Witch Party~ Side-B

ミニカーとか自転車とか
魔女夜会~Witch Party~ Side-B TOP > スポンサー広告> 過去ログ > 次があったら絶対スーパーでは働かない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次があったら絶対スーパーでは働かない

なーんか、バイトでの俺の立場が便利屋みたいになっている気がするんだが・・・。

そりゃ頼まれれば断りませんし、きっちり仕事はしますけど~。

でも、人手が足りないとすぐに俺ばっかり呼ぶのは止めて欲しい。





接客業のアルバイトが若者の間で不人気(痛いニュース(ノ∀`))

俺は「商品整理」で雇われたので、最初は食品売り場で在庫補充でもするんだと思っていた。

だが、実際に配置されたのは生活用品なんかを扱っている2Fで、確かに商品整理はするけど「○○は何処に在りますか?」という単純な質問以外の商品自体の説明=接客もしなければならなかったんだな。

これが家電や玩具なら俺でも人並み以上に知っているので何とかなるかも知れんが、俺の担当はそんなものとは関係の無い全く興味がない売り場だったから最悪だ。

そんな訳の分からない所で、しかも出勤1時間後からは完全に売り場に1人の状態ですよ。

そりゃあ接客なんてしたいと思いませんよ。



俺の場合はさらに、契約時には混んだら一時的に入るくらいだと思っていたレジが、出勤した時点で非レジ雇用バイト人員でのローテーションが組まれていて、混雑にかかわらず1日1~2時間はやらされるというのも問題でしたが。



そんな店でバイトを続けているのは、時給が付近の他の店よりは高いからです・・・。





以下、あるバイトと客のやりとりです。


客:なぁ、コレもっと長いのないの?

バ:いやぁ~、この3種類だけですね。

客:頼んだら好きな長さにしてくれないの?

バ:(はぁ?ここはディスカウントスーパーだぞ、そんなサービス在る訳ないだろ!)

バ:(聞いた事がないけど一応)確認して来ますので少々お待ちください。



直属の上司は帰った後だったので別の担当の社員に確認したが、やっぱりないみたいだ。



バ:すみません、当店では無理ですね。

客:あぁ、そう。



暫く物色していたようだが、その内1つを持ってレジへ行ったみたいだ。



バ:(やっと行ったか、見るからにアレな感じだし二度と来て欲しくないな。)



暫くして、店内放送で呼び出されてサービスカウンタへ行く事に。

商品の返品をしたい客が居るそうだ。

どうも、嫌な予感がする。



バ:あれ、お客様は?

サ:電話があって、今から来るそうです。



5分は経ってから、さっき売り場で見たアレな客の内の1人が到着。



客:これ、返品したいんだけど。

バ:返品の理由はどういったものでしょうか?

客:車の中で開けたんだけど、やっぱりサイズ合わないから返すわ。

バ:(はぁ?さっきサイズは説明したし、合わないけど一応買うって話が聞こえてたんだが。)

バ:(つーか、家帰らずにどうやって合わないって分かるんだよ)



商品を確認したら外装ビニールが無理やり引きちぎったように酷い裂け方をしている。

これはただのバイトの判断では承諾しかねるので、サービスカウンタにさっきの社員を呼んでもらう事に。



客:なに、返品できないの?(怒)

バ:しょ、少々お待ち頂けますか。



客の連れやガキがぞろぞろと来て、「さっさと返金しろや!」みたいな目を向けて来る。

社員が来て、担当が居ないので判断しかねるが、「ここで断ってお客様を1人減らすよりは、返品を承った方が見せの今後の為になる」との事。(そうかなぁ~?)



客は「ったく、時間取らせやがって!」みたいな顔して金を受け取って帰っていきましたとさ。



後日、その商品のビニールは特殊なサイズのもので店には替えがなく、メーカーに頼んで取り寄せなきゃいけないんだよって事を同じ売り場のパートの人から言われました。

最終判断を下したのは社員であり、怒られたという訳でもないのですが、なんか理不尽ですね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。