魔女夜会~Witch Party~ Side-B

ミニカーとか自転車とか
魔女夜会~Witch Party~ Side-B TOP > スポンサー広告> ドリンクおまけ > レビュー:BOSS ランボルギーニ スーパーカーセレクション 前編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レビュー:BOSS ランボルギーニ スーパーカーセレクション 前編

さて、昨日の予告通り8月23日発売BOSS贅沢微糖おまけ「ランボルギーニ スーパーカーセレクション」より2缶用のダイキャスト製プルバックカー全6種です。


全車ヘッドライトとテールランプはクリアパーツでウインドウもスモークグレーのプラスチックになっています。

 

1台目はイエローのカウンタックLP500です。
「ミウラを凌ぐ次世代スーパーカーとして開発され、マルチェロ・ガンディーニ氏がデザインを手がけたカウンタックの原型」だそうです。

 

2台目はレッドのカウンタックLP400です。
「未来的なスタイリングで日本におけるスーパーカーブームの火付け役となったカウンタック初の量産モデル」

 

3台目はウォルター・ウルフ・カウンタックです。
「カナダの石油王ウォルター・ウルフ氏がランボルギーニのチーフエンジニアへ製作を依頼したLP400ベースの特注モデル」
カウンタックといえば、俺の中ではこのリヤウイングが付いてるイメージですね。
ウォルター・ウルフのロゴとかタンポ印刷されてます。
あと、リヤタイヤがコイツだけ凄い太い。
めちゃくちゃカッコイイぜ!

 

4台目はディアブロSE30イオタです。
「ランボルギーニ社創立30周年を記念して製作、イオタの名を冠したディアブロ初リミテッドモデル」
ディアブロはカウンタックとは違うカッコ良さがありますね~
ランボルギーニ自体が少量生産なのにリミテッドもクソも無いと思いますが(笑)
パープルの塗装が凄く綺麗だな。

 

5台目はレヴェントンです。
「世界20台限定・100万ユーロ(約1億6000万円)で発売されたムルシエラゴのスペシャルモデル」
ここ最近ミニカーが出まくってた気がしますね。

 

最後はアヴェンタドールLP700-4です。
「2011年、ムルシエラゴの後継車として登場、先進技術が投入された新世代のスーパーカー」
その名の通りV型12気筒エンジンから700馬力を生み出すモンスターマシンだそうです。
4000万円以上するけど既に日本で70台の予約が入ってるらしい。
運が良ければ遭遇する機会があるかも?

 
 

フロントとリヤを見比べてみた。
流石スーパーカー!どいつもこいつも平っべたい(笑)


ランボルギーニミーティング的な何か?

缶コーヒーおまけ用としては異例?の1/51サイズということで良く出来ていると思います。
120円で1/64より大きいダイキャストミニカー付いてくるとか結構凄くね?
ウルフカウンタックとディアブロが気に入りました。

明日は1缶用のレビュー行きます。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。